お知らせ 本をさがす 利用あんない リンク集 資料館 交通アクセス

資料館について

歴史民俗資料館開館時間の変更および臨時休館について

 

① 新図書館移転準備のため、118日~220日の期間、


歴史民俗資料館の開館時間は以下のとおり変更になります。


(※正面玄関からは入れませんので、裏口よりお声かけ下さい)

 


変更前:火曜日~日曜日 
9時~17時まで開館(月曜日閉館) 

 


変更後:月曜日~金曜日 9時~17時まで開館(土日閉館)

 

※なお、2月15日~17日については、移転準備作業の都合上休館とさせていただきます。

 

② 平成28220日から41日まで臨時休館いたします。

 

ご迷惑をおかけしますが、御理解くださいますようお願いいたします。

 

 

お問い合わせについては、基山町教育学習課ふるさと歴史係まで(TEL 0942-92-2200








  • 基肄城跡から発見されたものをご覧になることができます。
  • 資料館は基山町立図書館の2階にあります。

休館日

  • 毎週月曜日
  • 国民の祝日(月曜日の休館と重なった場合は火曜日)
  • 年末、年始(12月29日~1月3日)
  • 12月28日、1月4日
  • 毎月末日(館内整理日)
  • 特別整理期間

開館時間

火曜日~日曜日  午前9時~午後17時

歴史資料館展示物紹介(これらは一部です)

画像をクリックすると拡大します。


基肄城跡 (きいじょうあと)

基肄城跡 全体略図

全体略図(クリックして拡大)

指定種類国指定特別史跡
指定年月日史跡指定昭和12年12月21日
特別史跡指定 昭和29年 3月20日
所在地基山町大字小倉字北帝・ 坊住・車道ほか

 基肄城跡は、天智4年(665)に大野城(福岡県)とともに築かれた日本最古の山城で、構造上の特徴から「朝鮮式山城」と呼ばれています。
 この山城は、唐・新羅の連合軍に滅ぼされた百済の再建を支援するため、朝鮮に出兵した日本軍が白村江(はくすきのえ)の戦いで大敗したため、大宰府を中心とした北部九州の防衛の拠点として築かれたものです。
 城の構造は、基山(きざん)[標高404.5m]とその東峰[標高327m]とを土塁と石塁で囲み、その内側の尾根上に建物を造っています。土塁と石塁の長さは約4.3mで、途中に4ヶ所の城門を備えています。南側の谷を塞いでいる石塁には、谷を流れる川の水を通すための水門があります。尾根上の建物は、34ヶ所ほど確認されており、主に武器や食糧などが貯えられたと考えられます。現在は「礎石群(そせきぐん)」と呼ばれる、柱を据えた基礎石だけが残っています。


     
 基肄城跡から博多湾方面を望む  

基肄城跡から博多湾方面を望む

 土塁線(北帝から)  

土塁線(北帝から)

 水門跡  

水門跡

 礎石建物跡  

礎石建物跡

 東北門跡  

東北門跡

 出土した瓦  

出土した瓦


基山町の指定文化財一覧




「指定文化財」とは、歴史を考えるなかで重要な資料として指定を行うことにより、特に保護の対象となっているものです。

 基山町には、国指定、県指定、町指定を含めると、これまでに計6件の指定文化財があります。

※名称をクリックすると、詳細な情報を見ることができます(基山町のHPのウインドウで開きます)。

指定種類

名称

時代

国指定特別史跡

基肄(椽)城跡

古代

国指定重要文化財

木造多聞天立像・木造広目天立像

平安時代後期頃

県指定重要文化財

千塔山遺跡出土青銅製鋤先

弥生時代後半~終末頃

県指定重要文化財

木造十一面観音菩薩立像

鎌倉時代頃

町指定重要有形民俗文化財

宝篋印塔

享和2年(1802年)建立

町指定重要文化財

自然石彫像板碑

正平10年(1355年)建立



現在の資料展示


基山町にある遺跡を示した地図と、基山町の歴史に関する刊行物を展示しています。



平成27年に築造1350年目を迎える基肄城跡の展示コーナーです。「水城・大野城・基肄城築造1350年事業」に関することや昭和3040年代に撮影された基肄城の写真パネルなどを展示しています。


基肄城跡の模型、頂上からの眺望がわかる写真パネル、基肄城跡から出土した土師器などを展示しています。



古墳時代の展示コーナーです。九州自動車道造成の際に調査された「伊勢山遺跡」から出土した祭祀に関する遺物なども展示しています。


基肄城から出土した瓦や水門に関するパネルなども展示しています。


弥生時代の展示コーナーで、JR基山駅前にあった「千塔山遺跡」の出土遺物も展示しています。



弥生時代の「千塔山遺跡」から出土し、佐賀県の重要文化財(考古資料)に指定されている「青銅製鋤先」です。


基山町の遺跡から出土した鉄製品と復元品を並べて展示しています。


問い合わせ先資料館・文化財担当:基山町教育学習課 ふるさと歴史・文化係
電話番号:0942-92-2200

▲ PAGE TOP